メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

FinalScratchとは | どういう仕組み? | 使い勝手は?


ファイナルスクラッチとは
DJソフトを従来のDJシステム上で組み込むことができないだろうか?
音楽機器メーカーStanton社がそれを実現させたものがFinalScratchです。

FinalScratchとはDJが現在のデジタル技術と過去のアナログの使用感を同時に手にすることができる究極のツールです。(スタントンHPより抜粋)

どんなことができるの
FINALSCRATCHをあなたのターンテーブルやCDプレーヤー、ミキサーと使用することで、WAVやMP3などデジタル・オーディオ・ファイルを今までと同じように-手を使ってキューしたり、ミックス、スクラッチをレコードと同じように扱うことができるのです。 (スタントンHPより抜粋)

PC DJ アプリケーション
☆TRAKTOR DJ

FinalScratchを語るうえではTraktorははずせないのでTraktorの歴史から書きます。
Traktorは2000年にPC上でDJ MIXができないか?
という考えで作成されたアプリケーションです。
初期のTraktorはあまりDJプレイのLiveに特化しか機能ではなく
どちらかというとMixTapeに近いものが作成できるソフトでした。

そしてけっこう高額すぎたため普及はかなり少ないソフトウェアでした。
少しでも値段を安くしてPCDJというものを認知してもらうことと、
もっとDJの現場での生のプレイの操作感に近づけて作られたのがTraktorDJです。
似たようなソフトで PCDJ RED と PCDJ BLUE がありました。

私の所持する PCDJ RED と TRAKTOR DJ (今でも自宅で眠ってます)


クリックで拡大画像が見れます

PCDJ の方はかなりの機能が実装されており当時15000円くらいでしたが、
TRAKTOR DJ の方は↑で書いた通りPCDJソフトウェアの認知度を少しでも上げるべく
安く最低限の機能で作られているので8000円以下で購入できました。(私も買いました)

PCDJ RED & BLUE に関してはこれ以降のリリースは私は知りませんが、
TRAKTOR の方はどんどんプロ指向な進化を遂げています。

そしてTRAKTOR DJ では機能的に実機のプレイからはほど遠い機能であったことと、
安く作られたものでは本格的に現場で使うには厳しいことから
TRAKTORの開発元である NativeInstruments社は
2002年に Traktor DJ Studio 2 をリリースしました。

Traktor DJ Studio2 の画面

クリックで拡大画像が見れます

TARKTOR DJ STUDIO 2 からはPCがあれば
MIXに関してだけであれば誰でも自宅でプロ顔負けの DJ MIX ができるため
TRAKTORユーザーが一気に増加しました(日本ではまだ少ない)
そして宅DJにとどまらないくらいまでの機能をどんどん備えて
2003年にはTraktor DJ Studio 2.5 がリリースされます。

2.5からは機能面、使いやすさを更に強化し音質もASIOを採用したり、
今まではPC内だけでのMIXだけだったのに対して
マルチチャンネルのオーディオインターフェイスを使用すれば
外部ミキサーへ出力できるようになり(インターフェイスでのoutput割振り機能)
現場(クラブ等)のブースでもミキサーから音を出せるようになり実際にクラブで使うDJも出始めて
現場のDJ(当時の海外の)でも納得できるほどのソフトに進化しました。(私も買いました)

同じく2003年に Stanton社が2000年に出したLinux上でタイムコードを読み取り
PC内の音源をハードウェアで操作できるDVS機能を持った FinalScratch の、
WindowsやMacでのソフトウェア開発をNativeInstruments社(以後NI社)がすることで
Stanton社とパートナーシップを結び汎用PCでの Timecodeエンジン(DVS機能)が作られました。
多分ですが、これがWindowsやMacでは世界で初のDVS(DigitalVinlySystem)ソフトだと思います。

2005年には FinalScratch2 のソフト部分を開発してStanton社からFinalScratch2 がリリースされ
その技術を自社のTraktor DJ Studio にも取り入れて
Traktor DJ Studio にDVS機能やストリーミング配信機能、その他機能面の強化を加え
FinalScratch2 とコンパチブルな機能を持つ Traktor DJ Studio 2.6 がリリースされました。

クリックで拡大画像が見れます

2.6の登場でPCだけで行うMIXだけではなく場合によっては
FinalScratch として直接アナログレコードやCDJで操作できる為、
現場で使用するプロのDJもかなり増加しました。(海外で)

2006年にはBeatportOnlineStore機能(traktor上でbeatportの楽曲が視聴や購入可能)や
4デッキ使用可能になり初のDJ用MidiコンもNIからリリースされたことでMIDIの連携を強化して
各種エフェクターやループ機能も備わったTraktor DJ Studio 3 がリリースされます。(私も買いました)

クリックで拡大画像が見れます

Traktor DJ Studio 3 もマイナーアップデートが頻繁に行われて機能強化を続けていくなか
FinalScratch のアナログレコード操作技術(DVS)を直接自社製品として出すために
Traktor DJ Studio 3.2からはDVS機能がなくなり
2007年には TraktorScratch としてDVS機能を持った製品を別アプリケーションとしてリリースし、
それまでStanton社が作っていたオーディオデバイス部分もNIからリリースされ、
TraktorPro、TraktorScratchProとDVSの有無でソフトが分れるようになります。

ここで Traktor DJ Studio の開発は多分終了しています
TraktorScratch のアナログレコード操作の機能(DVS)以外は
TraktorPro(Traktor DJ Studio) にもほぼ備わっており
PCでの操作(Midiコンも含)とDVSを兼用するならTraktorScratch、
PCでの操作(Midiコンも含)のみのプレイなら TraktorPro(Traktor DJ Studio)、
とユーザーが別れるようになってきています。(私は TraktorScratch PRO を買いました)

 

☆FinalScratch

FinalScratch はオランダのN2IT社によって
PCのHDDにある楽曲をアナログターンテーブルで操作可能とするために
Debian Linuxシステムで動作するものが
FinalScratch 1.0 として2000年に発表されました。
スクラッチアンプというUSB、RCAデバイスを使用して
タイムコードの通信ができるハードウェアで動作していたのですが、
その技術にStanton社のものが使われていた為、
著作権侵害としてStanton社からの警告があり開発は終わりました。
その後はStanton社が開発を継続しています(買収した可能性大)

しかしFinalScratch 1.0 がリリースされた当時のCPUといえば
Pentium3で1GHzを越えるものはCPU単体で6~7万円もするような時代だったので
ハードウェアとの通信はUSB1.0で行っていましたが遅い通信に遅いCPUではトラブルが絶えず、
急にダウンする。キャリブレーションができない。
等のトラブルが頻繁に起こり現場で使用するには厳しくて FinalScratch を使う人はまだわずかでした。

しかしPentium4や高クロックなチップセット、メモリの登場でPC性能が格段に増し
すでにWindowsが汎用PCではスタンダードになっているのと音楽用途ではMacが強かったことで
Traktor DJ Studio で汎用PCでのPCDJの高い技術を持っているNI社とパートナーシップを結び
システム自身の動作にCPUパワーやメモリを多く使うWindowsやMacでも動作させられるようになり
2003年にStanton社から Traktor FinalScratch 1.1 としてWindows用
同じく2003年に Traktor FinalScratch 1.5 としてWin、Mac両用としてリリースされます。
PC上でのソフトウェア部分の開発をNativeInstruments社が行ったことにより
スクラッチアンプとPCとの通信も安定し現場での使用も安定性が高まったり、
Traktor DJ Studio で当時のPCDJソフトウェアのスタンダード的なNI社のおかげもあってこの頃からFinalScratch利用者が少しずつ増えていきます。

 

☆Traktor FinalScratch

ターンテーブルのタイムコードを読み取ってPCと通信するスクラッチアンプをStanton社が開発し、
PC上でのソフトウェア部分の開発をNI社が行った Traktor FinalScratch は
現場のDJからも使われるようになり出しDVS操作できるPCDJアプリケーションとして知られてきました。

しかしPCで楽曲を扱うDJにはMacユーザーが多かったことから
Mac版のリリースの要望が多かった為、Windows、Mac両用の
TRAKTOR FinalScratch 1.3 がリリースされます。(私は1.5の時に買いました)

そして2004年には今までPCとDJミキサーの掛け渡しだけをしてきたスクラッチアンプに
MIDI、マイクの入力も備えて接続もUSB1.0からIEEE1394方式になり
FinalScratchの動作だけでなくASIOドライバーのオーディオインターフェイスとして
ハードウェア部をStanton社、ソフトウェア部をNativeInstruments社が開発して
TRAKTOR FinalScratch 2.0 がリリースされます。(私はこの時にも買いました)
1.5からはLinux版を無くしソフトウェアの開発はNI社だけになったので
Traktor DJ Studio 2.6 以降とコンパチブルになっておりTRAKTOR上でスクラッチアンプを経由してアナログターンテーブルでの操作が可能になりました。

2005年後半には今までスクラッチアンプの開発をしてきたStanton社と
ソフトウェアの開発をしてきたNativeInstruments社の両社のパートナーシップは終わります。
Stanton社は2007年にまだFinalScratchのハードウェアとしてスクラッチアンプをリリースしていますが、ソフトウェア部分の開発はしておらずスクラッチアンプ単体で販売をしています。

NativeInstruments社の方はStanton社と手を切ってハードウェアもソフトウェアも自社製品としてTraktorScratch 、 TraktorScratch PRO と精力的に新製品の開発を続けてリリースしています。(私はTraktorScratch PRO も買いました)

 


☆基本的なシステム構成

・FinalScratchまたはTraktorScratchのインストールされたPC
(1.0はLinuxのみ、1.1からWindows、1.3以降はWindows &Mac両対応)
・スクラッチアンプ(PCとミキサーの間に中継する感じ)
・DJミキサー
・ターンテーブル



☆FinalScratch 1.0 for Linux

■全容

クリックで拡大画像が見れます (PCの画面部分はLinuxでの1.1のものです)

■スクラッチアンプ

■PC画面(1.0の画面)

クリックで拡大画像が見れます

 

☆FinalScratch 1.1 for Windows & Linux

■全容

クリックで拡大画像が見れます
基本的に1.0とほぼ変わりませんが、
1.1からPCにインストールするソフトウェアを Native Insturments社 が開発するようになり
PC上での使い勝手が増しました(写真の画面の画像がLinuxでの1.1)

■スクラッチアンプ
1.0から変更なし

 

☆FinalScratch 1.3 for Windows & Mac

■全容

クリックで拡大画像が見れます(PCの画面部分はLinuxでの1.1のものです)

■スクラッチアンプ
1.0から変更なし

■PC画面(1.5のMacでの画面)

クリックで拡大画像が見れます


☆FinalScratch 2.0 for Windows & Mac

■全容


■スクラッチアンプ (ASIO対応MIDIオーディオインターフェイスとしても使用可)


■PC画面

クリックで拡大画像が見れます

 

☆TraktorScratchPro for Windows & Mac

■全容


■AUDIO8 DJ (スクラッチアンプ機能を備えた8chオーディオインターフェイス)


■PC画面

クリックで拡大画像が見れます

Copyright © 2001-2017 boomboom-mix.com