BOOMBOOM-MIXのブログ

freetdsとODBC

ubuntu14.04 から Windows 2008 R2 Server の SQL Server 2008 R2 へ接続してみる

apt-get install unixODBC freetds-bin

インストールが終わったら /etc/freetds/freetds.conf を開き最下行に追記
# A typical Microsoft server
[sqlserver1]
host = Win鯖のIP
port = 1433
tds version = 8.0
保存して閉じる。
tsql -S sqlserver1 -U sa -P password
を実行して問題なく接続できるかテストする。(passwordはWinのSQL鯖のsaパス)
接続できれば適当なSELECTコマンドで結果が出るのを確認する。
確認ができたらexitで抜ける。

次に /etc/odbc.ini を開きまた最下行に追記
[sqlserver1]
Description = SQL Server2008R2
Driver = /usr/lib/x86_64-linux-gnu/odbc/libtdsodbc.so
Trace = No
Server = Wiz鯖のIP
Database = 接続したいDB名
Port = 1433
TDS_Version = 8.0
ClientCharset = CP932
保存して閉じる。
isql -v sqlserver1 sa password
を実行して問題なく接続できるかテストする。(passwordはWinのSQL鯖のsaパス)
接続できれば適当なSELECTコマンドで結果が出るのを確認する。
確認ができたらquitで抜ける。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ