BOOMBOOM-MIXのブログ

WindowsServerのデスクトップ化

★コンピューター名とワークグループ名の設定
スタート > コンピュータの上で右クリック > プロパティ > システムの詳細設定 > コンピューター名タブ

★Internet Explorerのセキュリティ設定
サーバーマネージャ > セキュリティ情報 > IE ESCの構成オフ を選択する。

★セキュリティ設定の変更
1.ファイル名を指定して実行 のところに secpol.msc と入力して実行し、ローカル セキュリティ ポリシー を開く。
2.ローカルポリシー > セキュリティオプション > 対話型ログオン: Ctrl+Alt+Delを必要としない有効 にする。
3.アカウントポリシー > パスワードのポリシー > パスワードの有効期間0 にする。
4.同じく パスワードのポリシー で、複雑さの要件を満たす必要があるパスワード無効 にする。

★コンピューターの設定の変更
1.ファイル名を指定して実行 のところに gpedit.msc と入力して実行し、ローカル グループ ポリシー エディター を開く。
2.コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > システム > シャットダウンイベントの追跡ツールを表示する無効 にする。
3.コンピュータの構成 > Windows の設定 > セキュリティの設定 > ローカル ポリシー > セキュリティ オプション > システムをシャットダウンするのにログオンを必要としない にする。

★デスクトップ機能の追加
1.サーバーマネージャー > 機能 > 機能の追加 で、.Net Framework 3.5デスクトップエクスペリエンス を追加してインストールする。

★Windows Aeroや時刻サーバー同期の追加
1.ファイル名を指定して実行 のところに services.msc と入力して実行する。
2. Themes > 自動 > 開始
3.Windows Time > 自動 > 開始

★リモートデスクトップを利用する場合
1.ファイル名を指定して実行 のところに regedit と入力してレジストリエディタを実行する。
2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp を開き、PortNumberの値を変更する。
この変更で接続ポートを変えて不正な外部からの進入をされにくくする。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ