BOOMBOOM-MIXのブログ

ubuntuインストール後にやったこと

しばらくUNIX触らない時期が続いたりして忘れた時またいちいち参考になる記事をググるのめんどうなので。
難しい内容の日記連投ですいませんw

☆ルートパス作成
#sudo su –
#passwd
これ以降のインストール直後の以下の作業だけはrootで行ってるのでsudoは記載してません

☆ロケール設定
apt-get install language-pack-ja
apt-get install language-pack-zh
(中国語のファイルよく扱うのでw)

☆コンソールの文字化け
ubuntuインストール時の言語でJapaneseを選択しているとコンソールで日本語が文字化けする
その場合は.bashrcファイルを開き
$ export LANG=C
を追加してやると治る

☆IP固定
nano /etc/network/interfaces
iface eth0 inet dhcp

iface eth0 inet static
に書き換えてその下に以下を追記(*の部分は自分の環境に合わせること)
address 192.168.*.*
netmask 255.255.255.0
network 192.168.*.0
broadcast 192.168.*255
gateway 192.168.*.*

#sudo /etc/init.d/networking restart

☆Japaneseパッケージの追加
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | apt-key add –
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | apt-key add –
wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
apt-get update

☆IPv6を無効/etc/sysctl.conf に追記
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1

☆コンソールの省電力機能(ブラックアウト)がうざいのでなくす
/etc/rc.localまたは.bashrcに
setterm -blank 0
を追記

☆sshdのインストール
apt-get install openssh-server
そのままだと他人から攻撃きまくりなので特定IPからのみ接続可能に
/etc/hosts.allowに
sshd: アクセスしたいIP(カンマか半角スペースで複数可)
/etc/hosts.denyに
sshd: ALL
をそれぞれ追記する
PORTも22番から変えておいた方がいいです。

ローカルの別PCから視覚的に設定なんやら見たい(またはSSに撮りたい)時のために
☆Webminのインストール
Webmin公式サイトからdebianパッケージ(.deb)をダウンロード、ダウソしたファイルを
dpkg -i ファイル名
多分これだけだとインスコにこけるのでその後に
apt-get install -f
で必要なパッケージを勝手に追加してインスコしなおしてくれる

☆LAMP環境のインストール
sudo apt-get install apache2 mysql-server php5 php5-mysql
mysqlのrootパスを作成するために入力画面が2回出るので入力する

☆PhpMyAdminのインストール
apt-get install phpmyadmin
myphpadminを表示するWebサーバーの選択が出るのでapache2を指定する
その次の質問はYesを押す
Mysqlのrootパスを2回聞かれるので入力する

☆MySQLの設定変更
/etc/mysql/my.cnfを開き
[client]のところで
default-character-set = utf8
[mysqld]のところで
language    = /usr/share/mysql/japanese
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_unicode_ci
[mysqldump]のところで
default-character-set = utf8
を追記する

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ