BOOMBOOM-MIXのブログ

red5

無料版のAdobe Flash Media Serverでは10分で動画の配信が止まってしまうので
オープンソースでJavaで開発されているred5を導入してみます。
毎度おなじみのubuntu12.04 serverとCentOSにWinSCPとPuttyでの作業の備忘録です(sudoは省略)
ubuntuのインストール後の設定はこちら
CentOSのインストールや設定はこちら

—————————–CentOS———————————-

1.ダウンロードや解凍(ここでは /opt  での作業とします)
wget http://www.red5.org/downloads/red5/1_0_1/red5-1.0.1.tar.gz
tar zxvf red5-1.0.1.tar.gz

最新Verはこちらをチェック
red5-server

2.ファイアーウォール設定
/etc/sysconfig/iptables に以下を追加
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 1935 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m udp -p udp –dport 1935 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 5080 -j ACCEPT
ファイアーウォール再起動
/etc/rc.d/init.d/iptables restart

3.自動起動設定(共通項の1.起動をやってからこれをする)
chkconfig –add red5
または
chkconfig red5 on

—————————–ubuntu 12.04 server———————————-

1.準備
Javaのインストール
apt-get install openjdk-6-jdk
RED5のダウンロード
wget http://www.red5.org/downloads/red5/1_0_1/red5-1.0.1.tar.gz

最新Verはこちらをチェック
red5-server

解凍
tar xvfz red5-1.0.1.tar.gz
移動
mv red5-server-1.0 /opt/red5
chown -R red5 /opt/red5

2.環境変数の設定
/etc/bash.bashrc
に以下を追記する。(*.*.*はインストールしたJavaのVer)
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jdk1.*.*_**
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

3.ファイアーウォール設定
ufw allow 1935/tcp
ufw allow 1935/udp
ufw allow 5080/tcp

—————————–共通———————————-

1.起動
ホームディレクトリなしの red5 ユーザを作成する
useradd -d /dev/null -s /sbin/nologin red5
起動ファイルの作成
/etc/init.dred5 というファイルを作成し、 red5.txt の内容を写して保存する
chmod 755 /etc/init.d/red5
起動
/etc/init.d/red5 start
停止
/etc/init.d/red5 stop
再起動
/etc/init.d/red5 restart

2.確認
http://サーバーのアドレス:5080/
開いたページから
Install a ready-made application
を押して oflaDemo を選択した状態でインストールボタンを押し元のページへ戻る
Launch a demo のリンクを押し、開いたページで更に Classic demo のリンクを押す
上のconnectボタンの上の入力欄に、rtmp://サーバーのIP/oflaDemo と入力してconnect ボタンを押す
すると、Libraryにいくつかファイルが並ぶので、それをクリックすると、video に映像が表示される。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ